関連事業


鉄道会社には関連事業が付きものである。

そのビジネスモデルは阪急電鉄の創業者・小林一三が作り出した。
関連事業を展開して沿線の価値を高めることで本業である鉄道の乗客を増やす。その増えた乗客が関連事業を利用する。こうして本業と関連事業の相乗効果で鉄道会社は収益を得るのだ。
本業の鉄道は公益性が高く、単体では利潤はそれほど期待できない。関連事業は鉄道会社の柱なのである。

西京電鉄も例外ではない。

以下は関連事業の一例である
(注…現実世界の企業・団体と同じ名前のものがありますが、実在の企業・団体とは全く関係ありません

子会社
・西京バス
・西京タクシー
・西京百貨店
・西京ホテル
・西京不動産
・CROSS FM…FMラジオ局
・北九州西京ジャガーズ…プロ野球球団

出資はするが子会社ではない
・北九州ギラヴァンツ…プロサッカーチーム。J2に所属(現実世界とは異なり西京電鉄がスポンサー)